サブリース一覧

2018/9/20 不動産経済実践セミナー[東京]

不動産経済実践セミナー「民泊大改正&賃貸事業・サブリース活用法」を、2018/9/20(水)10:00~16:45に全日通霞が関ビル8階大会議室で開催します。半日でわかる民法大改正や、これからの賃貸事業とサブリース活用法について解説します。

記事を読む

地方銀行とCSR(企業の社会的責任)(2)

「寄宿舎融資、金利4.5%事業モデル」の収益率はとても高いが、このモデル破綻時には「衡平の原則」等で、事業の結果責任を問われ可能性もあります。正にCSRの遵守が問いかけられると思います。

記事を読む

地方銀行とCSR(企業の社会的責任)(1)

サブリース絡みの融資について、守るべき銀行のモラルや戦略性の欠如があり、悪影響を及ぼしている地域金融機関が存在しているのが事実です。そこで重要となるのが、戦略的な視点を持ったCSRです。

記事を読む

「レオパレス21問題」で浮き彫り!サブリース問題の発端とリスク(2)

サブリース契約の場合、賃借人はサブリース業者で賃貸人はアパートオーナーとなるため、レオパレス21が強気な交渉を行なえる。こういったことからも長期的に安心してアパート経営に取り組める法規制の整備が喫緊の課題である。

記事を読む

「レオパレス21問題」で浮き彫り!サブリース問題の発端とリスク(1)

サブリース契約において大幅な賃料減額や突然の解約を突きつけられるトラブルが相次いだことから、たとえ30年一括借上げの契約を結んでも将来リスクを抑制できないという、サブリース契約の「落とし穴」が浮き彫りになった。

記事を読む

住宅新報コラム「ADRの現場から」に大谷昭二が執筆しました。

住宅新報コラム「ADRの現場から」に日本住宅性能検査協会大谷昭二が「契約書の落とし穴」を執筆しました。

記事を読む

日本住宅性能検査協会監修“スマートデイズ被害者の会”について

日本住宅性能検査協会監修“スマートデイズ被害者の会”第3回では、「かぼちゃの馬車」オーナーに対し今後の活動指針や、金融機関への責任追及も示唆し、参加オーナーの声からは悲壮感の中にも力強い決意を感じることができた。

記事を読む

「かぼちゃの馬車」トラブルの経緯解説

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」トラブルに対し、日本住宅性能検査協会が監修する「スマートデイズ被害者の会」がオーナーの今後の生活を守るべく活動しています。

記事を読む

「オーナーとサブリース契約」に関する取組みとトラブル解決実績

健全なサブリース契約を推進する日本住宅性能検査協会は、サブリース契約に関するオーナーの相談や紛争解決サーポート、コンサルティングなどに取り組んでおります。

記事を読む

NO IMAGE

2017年12月28日午後~2018年1月4日は休業いたします。

2017年12月28日午後~2018年1月4日は休業いたします。なお、この間に頂きましたメールでのお問合せにつきましては、2018年1月5日(金)から受付順に対応させて頂きます。

記事を読む