「サブリース建物取扱主任者」資格創設の背景(2)

サブリース立本取扱主任者認定試験

サブリースとは、賃貸住宅の建設業者(またはその関係会社)が、完成後の賃貸住宅を一括で借り上げて、入居率にかかわらず、賃料を保証する仕組み。このやり方であれば、賃貸オーナーが空室リスクを負うことがなくなり、空室率に関わらず、毎月決まった一定の収入を得ることができる。

自分でリスクを取るとしたら、地域の賃貸ニーズや相場を気にするのは当然だ。もし、ニーズがないと判断したら建てないと言う判断もあり得るが、リスクは取らなくて済むとなれば、安易に賃貸経営を始める土地所有者が出てくる。その結果、地域の賃貸マーケットに過剰な物件が出現、市場自体が崩壊する事態すら生じている。

一般社団法人 日本不動産取引適正評価機構
電話:03-6868-0822  営業時間:AM10:00~PM05:00


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です