第1回サブリース建物取扱主任者認定講習会実施レポート

2015/12/19第1回サブリース建物取扱主任者認定講習会レポート1

2015年12月19日、第1回認定講習会実施

2015年12月19日(土)、第1回「サブリース建物取扱主任者」認定講習会が実施されました。東京都田町で行われた当講習会には、北は北海道など、関東圏の方のみならず、全国から資格取得希望の方にお集まりいただきました。

朝10時から16時までの講習は3部構成。以下の内容の講習が行われました。

  • 第一部 「サブリースの基礎理解」として民法との関わりやその歴史
  • 第二部 「サブリースの実務ポイント」として長期事業収支計画の作り方やリスクマネジメント
  • 第三部 「サブリースと相続税の関わり」として案件受託の切り口としての相続税案件の活用方法

上記内容から、受講者はレポートを提出、これをもって資格認定が行われるということもあり、皆さま真剣なまなざしで受講されていました。
なお、各講義終了後は、講師の先生方が質問を受け付けており、さらなる興味や疑問点などがあった受講者の方は、積極的に直接ご質問もされていました。

何故、この「サブリース建物取扱主任者」認定講習会を受講しようと思われたのか

何故、「サブリース建物取扱主任者」資格を取ろうと考えたのか。お話を聞かせていただいた方からは、次のようなご意見がありました。

  • サブリース建物を取扱う事業者として、オーナーに信頼をしてほしいため。
  • サブリース契約に不安を持っておられるオーナーも多いため、他業者との差別化のためにもこの資格は有効であると考えたため。
  • サブリースについて、しっかりと学んだことがなかったため、この機会にきちんと学ぼうと思った。
  • 自信を持って、オーナーにサブリース契約を提案したいため。

など、やはり多くの方はこの資格をオーナーにサブリース契約を提案する際の武器とすべく、資格取得認定講習会を受講されていました。

認定講習会を受講された皆さまのご感想

2015/12/19第1回サブリース建物取扱主任者認定講習会レポート2

認定講習会を受講された方々かたは、次のようなご意見がありました。

  • 実は、しっかりとサブリースについて学んでいなかったことが分かった。
  • オーナーに対する提案に、深みと説得力が出せると感じた。
  • サブリースに関し、これからも事例収集や最新の事例を知っておく必要があり、これこそが他業者との差別化になると感じた。

皆さま、サブリースに対する知識や理解を深めることの重要性とビジネス上のメリットを感じられたようでした。

サブリース建物取扱主任者認定講習会のお申し込みはこちらからお願いいたします。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です