シェアハウス等ADR総合対策室開設のプレスリリースを発表しました

≪かぼちゃの馬車等≫をめぐるオーナーと≪スルガ銀行≫の融資トラブルを解決する「シェアハウス等ADR総合対策室」開設

日本住宅性能検査協会からシェアハウス等ADR総合対策室開設のプレスリリースを発表しました。

2018年9月6日、NPO法人日本住宅性能検査協会「シェアハウス等ADR総合対策室」を開設しました。当対策室では、「かぼちゃの馬車」等のシェアハウス、一棟マンション・アパートの投資スキームに対する融資における債務者(物件オーナー)と債権者(スルガ銀行)の「出口の経済的合理性」を検証すると共に、客観的資料(調査報告書)を提供、ADRの活用による当事者間のトラブル解決を支援します。

1.シェアハウス等ADR総合対策室について

シェアハウス等ADR総合対策室では、「かぼちゃの馬車」等のシェアハウス、一棟マンション・アパートの投資スキームに対する融資における債務者(物件オーナー)と債権者(スルガ銀行)の「出口の経済的合理性」を検証すると共に、客観的資料(調査報告書)を提供、ADRの活用による当事者間のトラブル解決を支援します。

対象金融機関
スルガ銀行
対象物件
  • シェアハウス(スマートデイズ、ゴールデンゲイン、サクトインベストメントパートナーズ、ガヤルド等)
  • 一棟投資マンション、アパート

シェアハウス等ADR総合対策室概要

名称
NPO法人日本住宅性能検査協会 シェアハウス等ADR総合対策室(室長:渡邊 宏、事務局長:北村 稔和、統括:服部純一、顧問:井上徹)
運営
NPO法人日本住宅性能検査協会
住所
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 日本橋吉泉第2ビル5F
TEL
03-3524-7124 (受付:10:00~18:00(平日のみ)。担当:服部、北村、渡邊)
URL
https://adr.sltcc.info/